ヨメの実家に帰省した時の話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨメの指差すのは

 

 

 

 

 

あるお宅のブロック塀に書かれている

落書き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤いサインペンか何かで書かれていた、その落書き。

 

 

 

 

 

ヨメが子供の頃からあるのだと云う。

 

 

帰る度に地元の変化に戸惑ってるヨメだけど、

 

 

小さな思い出は
変わらずそこに有った。

 

 

消すこともなく、落書きをそのままにしてある

 

 

そのお宅のおおらかさが
微笑ましく思えたり、ほっこりしたり。