ヨメが勝手にアラームを止めちゃうんです。

子無し、金無し、貧乏暇なし。 夫婦ふたりの平凡な毎日の中には笑いがいっぱい。 イラストエッセイブログ。

2015/06

    真夜中、    ふと目を覚ましたボクの視界に入ってくるのは・・・                     何故、ヨメの足が        こんな風に見えるのか・・・ それは、                                      ...

 

 

 

 

真夜中、

 

 

 

 

ふと目を覚ましたボクの視界に
入ってくるのは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故、ヨメの足が

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に見えるのか・・・


それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前にも描きましたが、

 

 

 

 

夏になると回転し始めるんです。

 

冬には絶対こう↑なりません。

 

 

 

 

 

真夏は、窓開けて寝るから

 

 

 

 

風の通る涼しい場所を求めて
回転してるのかなと思ってたけど、

 

 

今はまだ、窓開けてないし・・・

 

 

本当に不思議です。

 

 

 

 

ボクは、ヨメが回り始めると

 

 

 

 

『ヨメの頭、蹴り飛ばさないように
気をつけなきゃ・・・』
と思い、

 

 

そして

 

 

『夏はそこまで来てるなぁ・・・』
とぼんやり思いながら、
また眠りにつきます。

 

 

 

 

 

だが、しかし!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

器用だね(・∀・;)b

 

 

 

 

    毎朝毎朝    出勤前はバタバタ                                                                                                    ヨメがマイペース ...

 

 

 

 

毎朝毎朝

 

 

 

 

出勤前はバタバタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨメがマイペース過ぎる・・・orz

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時々、お客様からいただく

 

 

 

チョコとかクッキーの差し入れ。

 

 

うっかりバッグから出すのを忘れてしまいます。

 

 

 

 

それを掘り出すのが
楽しいらしいのですが・・・

 

 



朝の忙しい時だけは
ホント勘弁して(´□`。)

 

 

 

                                                                                                                                ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                 ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                ホントに毎回毎回、こんな話でごめんなさい・・・。      ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇                                       一緒に暮らすようになってから        仕事終わりのカエルコー ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントに毎回毎回、
こんな話でごめんなさい・・・。

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に暮らすようになってから

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事終わりのカエルコール以外

 

 

アキがメールをしてくることは

 

 

滅多になくなったけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この話をヨメから聞いた時
ちょっと驚きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
『電話してもいい?』なんて
何気なく送ってたメールが、
まさか、嬉しかったメール第一位とはΣ(・ω・ノ)ノ

 

 

 

 

 

一緒に暮らしていると

 

 

 

 

 

メールはちょっと面倒で
電話で済ませてしまいがち| 壁 |д・)

 

今はLINEがあるので

 

随分便利になりましたね。

どんなツールを使っても
どんなくだらないやり取りでも

ちょっとしたコミュニケーションは
大事なんだなと思う出来事でした。

 

 

 

 

             ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇                                                                                                         ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
分かりにくかったらごめんなさいm(_ _ )m
両方の鼻の孔から
鼻水が垂れてました。
 

 

 

   うちは、車を持っていないので   移動手段は電車かバスである。    この日、    バス停までまだ距離があると云うのに               遠くにバスの姿が。                     なので、頑張ってバス停まで 走る事にした ...

 

 

 

うちは、車を持っていないので

 

 

 

移動手段は
電車かバスである。

 

 

 

 

この日、

 

 

 

 

バス停までまだ距離があると云うのに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くにバスの姿が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、頑張ってバス停まで
走る事にした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

走ってる間、

 

 

 

 

 

 

タッタッタッタ・・・と、
軽快なヨメの足音が聞こえていたので
てっきりすぐ後ろを付いて来てると思ってたのに・・・






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだヨメは

 

 

遥か、遥か後方に・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらず、

 

 

 

 

タッタッタッタと足音だけは軽快
(しかも、ボクの所まで聞こえてくる)なのだが、
見てても
全く、前に進んでる気がしなかった(´・ω・`)

 

 

 

                                                                                リビングに虫を発見し、    慌ててケイタイと殺虫剤だけをを持ち出し、 ボクが帰宅する30分も ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングに虫を発見し、

 

 

 

 

慌ててケイタイと殺虫剤だけをを持ち出し、

 

ボクが帰宅する30分も前から

 

廊下にそうしていたのだと言う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『こでで、やっづげで(これで、やっつけて)』

 

 

 

 

 

と、言ってヨメから手渡されたスプレー缶は

 

 

消臭スプレーでした。

 

 

 

 

 

 

やっつけられるかーい((((((ノ゚⊿゚)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※この後ちゃんとした殺虫剤で、やっつけました。

 

 

 

 

                                                                                           ヨメは罪の告白をするタイミングを    よく心得ている。  そのタイミン ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨメは罪の告白をするタイミングを

 

 

 

 

よく心得ている。

 

 

そのタイミングとは、

 

 

ボクが失敗した時だ。

 

 

これこそ、ボクが

 

 

ヨメをズルイと思う所以である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

但し、
この後、ボクも
自分のしたことを
棚に上げて
ヨメに小言を言うので、
おあいこなのだけれど・・・。